当院の紹介
Introduction

院長あいさつ

院長:木村修

院長:木村修

元代々木でスタートした山手CAクリニックが、3年の時を経て東京CA クリニックとして白金台に新規移転し生まれ変わることになりました。
この3年で治療成績は目覚ましいものになってきましたが、さらにあらゆる面で発展し続けていくために、今回は以下の点に重点を置いてクリニックを新設いたしました。
1. 診察室は全室個室で患者さんのプライバシーに配慮した構造であること
2. 血液生化学検査や緊急輸血ができるように、検査機器を設置したこと
3. X線検査装置および内視鏡検査装置を導入したこと
4. 細胞培養や免疫の解析研究のための施設を併設したこと
そしてさらには、この11月から京都府立医科大学前学長の吉川敏一先生に当クリニックのシニアディレクターとして就任していただくことになり、多岐にわたってご指導いただけることになりました。
当クリニックではがん治療における患者さんの願いを叶えるべく、これまで同様全力で取り組んで参ります。

経歴

  • 平成2年京都府立医科大学医学部卒業、同大学院修了。医学博士。
  • 京都府立医科大学附属病院、宇治徳洲会病院、京都第一赤十字病院、ロンドン大学医学部 UCL 小児外科等を経て、平成30年11月山手CAクリニック院長に就任。
  • 日本外科学会認定医・指導医、日本小児外科学会認定医・指導医。
  • 京都府立医科大学医学部 客員教授。
  • 日本慢性疼痛学会 会員。

シニアディレクター紹介

シニアディレクター:吉川敏一

シニアディレクター:吉川敏一

私たち人間は、古くから”がん“という病気に悩まされ、その制圧に挑んできました。外科手術による切除のほか、放射線や重粒子線・陽子線・BNCTなどによる粒子線治療、抗がん剤などによる化学療法や分子標的治療など、多くの手段を工夫し、組み合わせることによって”がん“に対する治療効果は著しく向上しました。また、最近では、身体に備わっている免疫機構の詳細な解明が進み、これを用いた画期的な免疫療法が可能となってきました。
しかし、このようながん治療法の進歩にもかかわらず、いまだに“がん”を完全に撲滅することには成功していません。日本人が一生のうち“がん”と診断される確率は男女とも50~65%であり、なんと2人に1人は“がん”になるのです。そして、“がん”で死亡する確率は男性では4人に1人、女性では6人に1人になります。この確率を限りなく0に近づけるためには、自ら有している免疫能を利用した画期的な免疫療法をベースに、現在最も適切と思われる治療法を組み合わせた、総動員的・集学的な治療法を駆使しなければなりません。
私たちの東京CAクリニックは木村修院長の卓越した治療によって、免疫療法を核として、化学療法などの標準治療の限界を超えた、個々の人に合った、いわゆる個別化治療を行い、素晴らしい治療成績を収めています。“がん”と診断されたら、早期であろうと末期であろうと、その種類をも問わず、まずは当クリニックにご相談していただきたいと思います。きっと希望をもって治療を受けていただけるものと確信しています。

2021年11月1日  吉川敏一

プロフィール

  • 1947年京都生まれ。1973年京都府立医科大学卒。
  • 米国ルイジアナ州立大学客員教授、東京大学先端科学技術研究センター客員教授、京都府立医科大学教授、同大学長を経て現職。
  • フリーラジカル、抗酸化、アンチエイジング研究の第一人者。
  • 日本抗加齢協会理事長、生命科学振興会理事長、京都府立医科大学名誉教授。