がんと免疫のお話し
Cancer and Immunity

NK(ナチュラルキラー)細胞療法

 人間の体に存在する「リンパ球」の中には数多くの免疫細胞が存在しており、「NK細胞」もそのひとつです。NKとは「Natural Killer(ナチュラルキラー)」の略です。直訳すると「生まれながらの殺し屋」の意味を持つNK細胞は、その名の通り、異常な細胞を排除する役割を果たす免疫細胞です。NK細胞は、免疫細胞の中でも非特異免疫(自然免疫)を担います。体に入ってきたウイルスや細菌、あるいは体内の異物であるがん細胞も見つけ次第攻撃します。
 このNK細胞を使用したNK細胞療法は、1980年代に生まれた免疫細胞療法である「LAK療法」から枝分かれした治療法です。NK細胞療法には、病気の予防や再発防止が期待できます。病気が治っても、免疫力が低ければせっかく治った病気が再発をしてしまったり、また別の病気にかかってしまったりします。NK細胞療法の目的の一つは、健康な状態を長く保てるようにすることです。がん治療においては、NK細胞療法は単独で受けるより、他の治療と併用することが多いようです。

>当院が提供する「がん複合免疫療法」とは?

>「がん複合免疫療法」ページへ

一覧はこちら